FC2ブログ

スポンサーサイト

By☆マル子☆

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

MOMONGER

By☆マル子☆

新大久保にあるフレンチレストラン。
ここは写真撮影NGなので、本日写真なし。
ていうか、写真撮影NGは後から知ったことで、あまりに美味しくて写真を撮ることを忘れていたから、写真がないんです。ごめんなさい。
でも、ちょっと感動したので、記しておきたく。。。

MOMONGERという名前のレストラン。
レストランというにはあまりに小さいお店。
カウンターに7~8席と奥に6人がけのテーブル。(でも、このテーブル6人も座ったら小さいよ)
細~い路地に入ってちょっとだけ行ったところにあって、周りは民家です。
食べログでは隠れ家的レストランと評価している方もいます。

この店の前を毎日通るので、気になって気になってしょうがなかったお店。
通りに面した壁もドアもガラス張りで、この店の前を通ると全てが丸見え。
朝通ると仕込んでいます。ボウルの中をジャカジャカかき混ぜている音が通りまで聞こえてきます。
夜通ると奥に数人のお客さんとシェフがカウンターの中で次の料理の準備をしている姿を見ます。
シェフが料理も給仕も何もかもを一人でこなしています。

カウンターはピカピカで、清潔感があります。
何故だか私は、シェフはフレンチを修行した人だと確信していました。

今日、やっと、ランチの機会に恵まれて、MOMONGERに入ってみました。

ランチメニューはAパスタランチ,Bミニコース,Cオープンサンドの3コース。
フレンチとしてこのお店の味を知りたかったので、迷わずBコース。
オードブル(サラダ)とメインとデザートです。

サラダには色々なお野菜が入ってました。
それこそ昨日記事の鎌倉フレンチのサラダくらい種類豊富。
量はもっと多いです。
一皿いただきました、という気分になれるくらい。

塩がちょっときつめに入ってます。
ドレッシングかなぁ? それとも最後に和える時に塩を入れてるのかもしれないです。
塩がしっかり入っていること、食感の異なる複数の野菜が盛り沢山なこと、多目のサラダでも飽きずに食べることができます。

この塩がきつめの感じ、フレンチでは結構あると思います。
フレンチの料理法は実は複雑ではなくて、素材の味を単純に引き出すことです。
調味料は塩とコショーくらいです。
複数の旨み成分の相乗効果とかは煮込みくらいに有効なことであって、それ以外の調理法ではせいぜいメイン食材を際立たせるためのソースを工夫するくらいです。
というのが、私が美味しいと思うフレンチ像です。

メインディッシュは、牛のワイン煮込み。
焼いたナス、ズッキーニ等が一緒に入っていて、お肉だけでなくてお野菜も楽しめる一品。
よく考えてあるなぁと思います。

数年前、フランス料理を勉強したくてこんな本を買ってみたことがあります。



日本料理に比べて一皿一皿に何て時間がかかるのだろうと思いました。
下ごしらえに時間がかかりますね。
それなのに調理法は意外と単純なので、フレンチの美味しさというのは素材が新鮮であることと、素材の持ち味を引き出すことなのだとこの本を読んで分かったことです。

天ぷらやとんかつが美味しい理由と同じだと思います。

MOMONGERは、私の好きなフレンチを出してくれる店でした。
夜は予約のみ。しかも1組のみ。
本日別のお客さんが夜の予約を取っているのを聞いてしまいましたが、電話はあるけど出ないからメールで連絡してくれとシェフ。
それって。。。。直接お店に行かないと予約が取れないということかしら?

シェフはあまり愛想がないです。職人気質らしい感じですねぇ。
シェフの態度は失礼な感じはしませんが、中には客商売なのだから愛想よくしろと思う人がいるかしらねぇ。
わざわざ分かりにくい場所に店を出して、こだわった料理を出しているのだから、
ガイガイワヤワヤとしてほしいお店でないことは、客側も理解しないと、ですね。



お帰り前にポチっとしていっていただけますと、嬉しいです🎵😍🎵


お弁当ランキングへ


スポンサーサイト
Share

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。